ナカジマ採用サイト

社員インタビュー

個人の個性を活かして働けるのがナカジマの魅力です。

神田 淳
店長/営業
入社8年目/38歳

「お客様の笑顔の先に数字があるよね」という会社の方針に賛同しています。

ここに入る前は、同じように中古車販売の大手に勤めていました。その会社はネットを中心に、全国のお客様を相手に薄利多売で中古車を売っている会社だったんですね。

そこで営業としてやっていましたが、自分がどうしてもやりたかったのが、一人のお客様により添う営業です。以前の会社は整備に力が入っていなかったのもあり、整備からお客様により添える会社をと探していました。

当社のことは、昔から地元で有名な会社として知ってはいたんですが、求人サイトで社名を見つけたとき、正直「あの会社だ、何年前からあるんだろう?」と驚いたのを覚えています。

ただ、そんな会社が今求人を出しているというのは、自分の力を試せる場になるかなと、縁と運とのタイミングが合って入社したかたちです。住まいからはふじみ野が一番近かったのですが、当初は所沢に配属されました。

営業マンは売るときが一番のピークなんです。だから、数をこなそうとすると売ることばかりを気にしてしまいます。でも、お客様の気持ちのピークを考えると、それは納車ですよね。

前の会社は売ることをピークとして捉える方針があって、それがいかがなものかと思っていました。できたら、お客様のピークに合わせたい。車は家の次に高い買い物なので、アフターメンテナンスなどでも利用していただき、何度でも来店できる会社の方が、お客様とたくさん接点が持てるなと思いました。

以前の会社は全国のお客様に売ることができましたが、遠方のお客様だとなかなか接点が持てるわけではありません。そうではなくて、色んなシーンでのつながりが持てるほうが、自分の理想の車業界だと思いました。会社としての目標もありますが「お客様の笑顔の先に数字があるよね」という会社の方針に賛同しています。

仕事と休日のバランスも取れます。店長の私もしっかり休んでいるので安心してください。

職場の雰囲気ですが、営業なので数字を追っていく、追い込みがあるという意味では多少ピリピリすることはあります。でも、各自が「お客様の喜ぶものを提供する」という姿勢で向き合っているので、一人ひとりがやりがいを持ってやっていますね。辛いことも多いし大変ですが、それが今の活気につながっているとは思います。

プライベートについて触れると、野球をしたり、食事に行ったりと、スタッフとは仲がいいですね。仕事以外でもいろんな対話をすることも大切にしています。日常業務の中で話せる時間帯はあまりないので……。

業務的には営業も整備も別ですが、どちらにも協力体制があります。私の場合は店長なので、一人のお客様に対して営業や整備関係なく対応しますね。上司・部下の間も風通しのいい会社だと思っています。

入社を希望される方に伝えたいのは、個性を活かして働けるよということです。「こういうルールで、こうやれ」ではなく、個人の個性を活かして働けるのが魅力だと思います。僕はとくに、それを尊重したくて、すでにある型にはめることはしませんので、自分のスキルを伸ばしながら、営業のスキルも伸ばして働けると思います。もっともっと若い子が活躍できる場にしたいと考えているので、型にはまらなくていいです。

福利厚生や有給はしっかりありますし、仕事と休日のバランスも取れます。店長の私もしっかり休んでいるので安心してください。仕事なので厳しいところもありますが、働きやすい環境とチームが整っています。

INTERVIEW 先輩社員の体験談

お客様との繋がりが私たちを成長させるお客様との繋がりが私たちを成長させる